「(睡眠時)無呼吸症候群」の雰囲気をお豆腐であらわしてみた

往年のプチ悩み「無呼吸症候群」

みなさんおつかれやまです。劇団みちたかです。

いきなりですが、みなさんは生活のうえでなにかお悩みをお持ちだったりしますか?

僕はというと(睡眠時)無呼吸症候群で「眠りが浅いこと」がちょっとした悩みであったりします。

若い頃に比べ、すこしずつおじさん化が進行するごとに肥満傾向も伴い、いびきをかくようになったようです。

いびきをかきながら、ちょっとした無呼吸症状があり、そのせいで眠っていてもぱっと目が覚めたり、日中眠いことがごくごくたまにあったりしました。

解決策としては減量を果たせばいびきも減るという可能性が高いと言われています。

とりあえず体重管理は重要な治療方法みたいなので、いまはすこしでも体重が落とせるように食生活に気を使ったり、運動を心がけるようにしております。

あまり無責任に医学的なことは言えないので気になる方はこちらの参考リンクからご覧になってください(参考:千葉大学大学院医学研究院 呼吸器内科学Webサイト)

「睡眠時無呼吸症候群」の雰囲気をお豆腐で表現

ということで、突飛ではありますが今回は「無呼吸症候群」の様子をお豆腐で紹介したいと思います。

自分の眠っている様子を想像しながら…。

イマジンイマジン…。

そうこうしているうちに完成です!

お豆腐アート「無呼吸症候群の雰囲気やっこ」

お豆腐で「無呼吸症候群」の雰囲気を表現してみました。

寝顔は可愛いですが、ただこのままだと「無呼吸」っぷりをお見せ出来ないのでひと工夫を凝らしました。

胸のところに注目です。

動いているの分かりますかね?涙ぐましい努力(笑)

自前の軽度な無呼吸ぶりを再現です。

はじめはスースー、スムーズに寝息をたてていると思ったら…。

ぐごごっ!と息が詰まるご様子がこちら。自分なりにいびき音も再現してますので、よろしければ音を出して御覧ください

ちなみに掛け布団は湯葉を使ってます。

布団のしわの感じがうまく出せたと思います。

フィナーレとしてつくったあとは、美味しくいただくのがお豆腐アート。

さてさて、いざ食べるぞ!となっていちばんシンプルで好きな食べ方であるお醤油を用意…。

寝ている自分のペルソナに(醤油を)かけてみると……。

………。

………。

なんだか事件のニオイがしてきました。

おまわりさんが来る前にささっと頂いてしまおう。

同じ無呼吸仲間のみなさま、何卒ご自愛くださいませ。

はてさて、つぎはどんな作品が出来るのやら。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。