技術力が低い人のためのロボットコンテスト『ヘボコン2021』に参加してきた

千葉市にある西千葉工作室さん主催の「ヘボコン2021」に劇団みちたかが参加しました。

ところでヘボコンとは一体なんぞや?というと、”技術力が低い人のためのロボット相撲大会”がそれです。

低い技術から生まれたロボットたちが、ヘロヘロな足取りで死闘を繰り広げます。

「ヘボい」ことがこの大会では最高の誉れ。自他共に認める「ヘボ」である劇団みちたかはしっかりマシンを作ったうえでのガチ参加です。(ヘボコンに関しての詳細は↓の動画から)

はてさて、ヘボコン製作記はまた別の機会に挙げさせていただくとして。

大会当日(5月22日)。

会場である西千葉の緑町公園では、小籠包になるような熱気の中で熾烈なバトルが繰り広げられました…。

勝った子供は喜び、負けた子供は号泣。小さいうちからこんな真剣勝負の場が設けられているとは…。

とてもおもしろい大会じゃねぇか!

今回はみちたかひとりでの参加だったため、試合中は動画などの撮影はできませんでしたが、運営さんがユーチューブでの動画配信を行っていたため試合の模様を観ることが出来ます。

夜なべをして製作したみちたかの愛機「三節棍天使(さんせつこんエンジェル)」の奮闘ぶりをぜひごらんください。

※大会は下記よりご覧いただけます(タイムラインでいうと58分ごろと1時間50分から登場します)「三節棍オン!」という掛け声とともに起動するその動作に注目です!

最ヘボはだれだ!?

果たして三節棍エンジェルの行末はいかに?!三節棍は火を吹くのか?!「三節棍!オン!」

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。